あの日見た送別会の意味を僕たちはまだ知らない

業者の飲みで参ることといえば親分の長話といった終わらない飲みだ。

当方は10呼び名以下のちっちゃな所だ。

飲みは忘年会か正月会のどちらかってアマチュアパーティーをする程度で通年に1〜3回程度のオープンだ。

所は飲みを仕切っていただけるCEOの好みで決められ、割と巨額お店を選んでいただいています。

自身は飲み会に参加することは大好きですが業者のとなると僅か億劫な気持ちになります。

その理由は、その飲みでのおしゃべりの中心はCEOであり、しかも何となく終わりが見えないからです。

おしゃべりの内容は役回りの報告1割、ホビーや時事素材が9割合なります。

以前行った飲みでは最近のCEOの大人気がラグビーで、自社にもラグビー先輩が多いということもあり、ラグビームードになりました。

昨今ラグビーの人気が高まってきてはいますが、私のラグビーへの記載は五郎丸スポーツマンがいるという傍ら。

すっかりついて行くことができないおしゃべりにずっと相槌を打つだけの間が何間か続きました。

しかも一後会でひとまず解散という形態を取ってくれれば少しは根気できそうな気持ちになりますが、CEOが仕切ってある会なので何となく終わりにしてくれず、二度と一人気、これから一人気って飲みが続きます。

終電が無いと言い帰りたいところではありますが、お先に業者の人で商売宿屋を頭数分け前取ってあるので逃げみたいがありません。

通常その時の飲みは4後会まで行われ、どうにか提供されたのは3タイミング。

朝めしに8ら一同でレストランへ集まろうとも言われました。

朝めしを片付けるという止めるように帰りました。

巨額ディナーに舌鼓を打つことは至極嬉しいことですが、そこまで根気を強いられることが重過ぎて次の出場がメランコリーだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です